imgsgif
imggif
Contents コンテンツ 治療 インプラント 審美歯科 ホワイトニング
imgif
トップページ
imgspargif
アクセス・診療時間 治療 インプラント 審美歯科 ホワイトニング
imgsprgif
医院理念
imgsrgif
診療方針 治療 インプラント 審美歯科 ホワイトニング
imgrgif
医院紹介
imgscergif
院内ツアーにLet’s Go!
f
院長・スタッフ紹介
imgcergif
診療案内 治療 インプラント 審美歯科 ホワイトニング
imgspacergif
spacer
虫歯(齲蝕)
space
歯周病
spac
インプラント
spa
歯内療法・根管治療
sp
知覚過敏・しみる
s
補綴治療
s
クラウン・ブリッジ
spacergif
義歯(入れ歯)
spacergi
歯列矯正
spacerg
小児歯科・小児治療
spacer
審美治療・ホワイトニング
spacer
ホワイトニング
space
口腔外科・親知らず
spac
顎関節症・顎変形症
spa
予防・ケアー
spa
歯みがき・ブラッシング
spa
口臭
spa
セカンドオピニオン
spa
咬合・咬み合わせ
spa
レーザー治療
spa
オーダーメイド治療
spa
歯肉の漂白(ガムブリーチング)
spa
口内炎・粘膜疾患
spa
埋伏歯・過剰歯
spa
舌痛症
spa
ドライマウス
iacergif
icergif
無痛治療
s
Chew Chew Club チュウチュウクラブ
iergif
無料メール相談 インプラント・審美お気軽にご相談下さい。
irgif
患者様の声 インプラント 審美歯科 ホワイトニング
space
治療症例
space
治療費
Q&A
igif
治療 インプラント 審美歯科 ホワイトニングのご予約はこちらから
spac
求人情報 歯科医師募集
spa
求人情報 チームメンバー募集 歯科衛生士 歯科助手
私たちと一緒に働きませんか?スタッフ募集
spac
今西歯科院長がお送りする 院長BLOG
spac
今西歯科スタッフBLOG 目指せ!スパ☆スタ!!
spa
オリジナル医院新聞 歯ぴ☆スタ通信
spa
今西歯科医院はイベントがいっぱい! 院内イベント
facebook
imacergif インプラント
インプラント
インプラント 診療案内HOME > 診療案内 > インプラント

インプラント

インプラントとは

 インプラントとは、歯がなくなった部分に、天然歯の根の部分の代わりをする医療用の特殊な金属で作られた人工歯的な歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療方法のことです。

 「何故インプラント治療が良いのか?」「従来のブリッジや入れ歯でもいいのではないか」と思う方もおられるでしょうがブリッジや入れ歯の短所を考慮しますと、インプラント治療が可能であれば、現在の歯科治療のレベルでは、コストを省いて最善の補綴方法と言えるでしょう。

 
 その一番の理由は、他の方法では失われた歯根まで回復できないためです。そのためどんなに良く出来た入れ歯でも、元々の天然歯の噛み合わせる力の3分の1程度でしかありません。インプラントなら骨に埋まった根の部分が骨としっかり結合しているので、噛む力も天然歯と比べて遜色がありません。これは咀嚼能率を調べた研究データでも証明されています。

 あごの骨には自然の歯と同じように適度な刺激が伝わり、力をかけることができることから、顎骨の吸収や萎縮も少なくなることが知られています。インプラントでは、義歯は顎の骨に固定されるため取り外す必要はなく、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことが出来ます。


インプインプラントの構造
imrgif
実際インプラントの構造はどのようになっているのでしょうか。
構造としては、おおむねフィクスチャー(歯根部)、
アバットメント(支台部)、上部構造の三つに分けられます。
ライン
フィクスチャー(歯根部)
直接、歯槽骨の中に埋められる部分で、チタンチタン合金で作れらています。太さは約4mm、長さは約1cm前後です。チタンは、整形外科にも応用されており、非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心して治療が受けられます。
ライン
アバットメント(支台部)
フィクスチャーの上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たします。通常チタンチタン合金製ですが、審美性に優れたセラミック製(ジルコニアなど)のものもあります
ライン
上部構造補綴物(人工歯)
上部構造補綴物は、白い素材が主となります。
白い歯の素材としては、内側に金属の裏打ちのあるメタルボンドと、セラミックだけでできているオールセラミックスなどがあります。
ライン

インインプラントと従来の治療方法
imgif
◆前歯部一本欠損の場合
従来の治療
両側の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。
インプラント治療
本欠損にインプラントを埋入し人工の歯を単独で装着。

◆臼歯部の歯が欠損している場合(遊離端)
従来の治療
部分入れ歯で治療。健康な隣の歯に維持のための釣をかけるため、歯に負担がかかります。
   
インプラント治療
必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとする。

◆完全に1本も歯がない場合(無歯顎))

従来の治療
土台になる歯がないため総入れ歯となります。うまく合わない場合は食事が美味しくない、上手く話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。

   

インプラント治療
インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かずしっかりした義歯にすることが出来ます。またあごの状態によってはインプラントによって一本ずつの歯を自然な状態で再建することも可能です。



治療の流れ
imf

インプラント治療においては、まず、十分なカウンセリングと口腔内検査、綿密な検査を通じ、詳細なインプラント治療の計画を立てることから始まります。
治療計画が決まったら、患者様に手術の詳細を説明し、患者様本人の同意を頂き、その後、インプラントの手術ということになります。インプラント治療においては、術前の診断が特に重要となります。
的確な診断をすることにより、安全で確かな治療を行うことができるからです。

カウンセリング
現在のお口の状態、お悩み、ご希望などをお聞かせください。
各種口腔内検査を行い、レントゲン撮影をさせていただいた上でインプラントにかかる期間や方法、費用などについてご説明いたします。

検査
お口の中の検査をし、レントゲン写真、口腔内写真を撮ります。
CTを撮り、骨の状態を詳しく調べます。
必要であれば採血を行います。インプラントを最適な場所に埋めるため、コンピューターでシミュレーションを行います。



治療計画立案
インプラントの本数、治療にかかる期間、費用等について計画を立てます。補綴処置や事前処置、増骨術の必要の有無、インプラントの本数によって治療計画は異なってきます。CT画像を用いて正確な骨の形状を把握した上で、患者様一人一人にとって最もよい治療計画を立てさせていただきます。
 
前処置
インプラント治療を開始するにあたって、まずお口の中の環境を整えます。これは非常に大切な処置でインプラント手術の成功のキーポイントになります。具体的には歯を抜いたり、歯周治療、虫歯の治療、仮歯の作成などがこれにあたります。
 
手術
手術に際して感染は大きなリスクとなります。そのリスクを排除するため当センターでは術者も普段の白衣とは違い滅菌した手術着を着用し、手術器具も滅菌したものを使用しています。手術中は血圧や血液中の酸素濃度、脈拍などを装置を用いて監視しております。又、手術中の患者様のストレスを軽減するため静脈内鎮静も行っております。
手術は歯肉や頬が腫れることがありますが一週間ほどで元に戻ります。痛みについても個人差はありますが、翌日以降はほとんど生じません。
 
治癒期間
個人差がありますが2〜6ヶ月の治癒期間(安静期間)をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合(オッセオインテグレイション)するのを待ちます。一般的には骨の質・量とも有利な下あごで2〜3ヶ月程度。上あごで3〜6ヶ月程度です。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。
 

 
上部構造の製作
術後4ヶ月〜6ヶ月(上顎)(下顎は術後2ヶ月〜3ヶ月)に上部構造(セラミックスのかぶせ物)の型取りをし、型取り後1〜2週間後にセラミックスの歯を装着します。1〜2週間歯を使用しながらかみ合わせの調整もおこないます。
 
メンテナンス
インプラントの治療終了後はホームケアが重要です。当センターではお手入れの仕方をしっかりとご案内し、定期的な口腔内チェック・クリーニングを致します。治療終了後は指示に従っていただき、必ず定期検診にお越し下さい。
インプラントを長くお使いいただくためにメンテナンスは必要不可欠になります。当たり前のことですがインプラントには神経がありません。
ですから感染が起こっても自覚がありません。グラグラ動いてきたり、膿が出始めて気づくのですが、こうなってからでは手遅れです。
インプラントは天然歯よりも口の中の細菌による感染に弱いからです。3ヶ月、6ヶ月、を目安にメンテナンスさせていただきます。具体的にはお口の清掃状態、・噛み合わせのチェック、インプラントと周りの骨の状態を知るためにレントゲン撮影などをさせていただきます。
検診ではインプラントの状態、歯肉の状態、かみ合わせのバランスのチェックなどと専門家(歯科衛生士)による歯のお手入れを行います。


インインプラントのメリット
imgif

自分自身の歯と同じような感覚が得られる
インプラントは骨の中に人工の根の部分を作るので、しっかりと固定されます。その為、ご自身の歯と同じ感覚で食べ物を噛むことができます。
噛む力は約80%回復可能で固い物なども普通に食べることができます。ご自身の歯肉粘膜を使用し、歯冠部分も周囲の歯に合わせますので、見た目も気になりません。

   

歯槽骨が痩せる(吸収する)のを防ぐ
歯槽骨とは歯を支えている骨のことです。その為、歯がなくなってしまうと、歯槽骨も役割を失いますので、退化していきます。インプラントは歯槽骨の中に人工の根の部分を作るので、物を噛んだ際の圧力が直接歯槽骨に伝わります。よって人工歯とほぼ同じような圧力がかかる為、歯槽骨が痩せる(吸収する)のを防ぐ事ができます。又、歯や歯槽骨が無くなると、頬が凹んだ状態になり、外観的な美しさにも影響を与えます。

 
   
インプラントをした場合が年に0.1mmに対して、入れ歯はその5倍の0.5mmも歯槽骨が吸収され痩せていきます。
   

噛み合わせが良くなる
噛み合わせが悪いと無意識に顎をずらして生活してしまいます。その為に首や肩の筋肉に影響を与え、全体のバランスが崩れます。そして頚椎や背骨、腰などに悪影響を及ぼし、ゆがんだ姿勢になります。他の科をいくら受診してもその原因がわからなかった症状が、インプラントによって解消されることもあります。又、噛み合わせが良くなると、噛む能力もアップし、脳細胞が活性化されボケ防止にもなります。

   

耐久性が優れている
入れ歯が約4年、ブリッジが約8年の耐久性に対してインプラントは通常10年以上はもちます。また入れ歯の場合歯肉が萎縮することによって、合わなくなる場合がありますので作り替えが頻繁に必要になります。それに対してインプラントは定期的に歯科に来院しきちんとしたメンテナンスを受ければ半永久的に維持できます。

 
   

周りの健康な歯へ負担をかけない
インプラントは独立した存在ですのでブリッジのように健康な周りの歯を削り犠牲にする必要がありません。
   

入れ歯のように隣接する歯に固定する金具や歯肉粘膜に被せる形の土台もありません。歯肉の部分は天然で、歯冠部分も周囲の歯に合わせた物を使用するので、違和感もなく見た目も自然に仕上げられます。
   

アレルギーが起こらない
インプラントに使われる素材は一般には純チタンです。これは一般的にはゴルフクラブやアクセサリーなどにも利用されていたり、整形外科などでは骨折したときに固定するビスにも応用されている医療用の特殊な金属です。純チタンは大気に触れると表面が二酸化チタン(TiO2)で出来た膜で覆われる為、金属が溶け出すことがありません。その為チタンは金属アレルギーを起こさない唯一の金属として、心臓ペースメーカーや人工関節などにも使用されています。

   

快適な生活を手に入れられる
歯がないと食事の際にも不便ですし、見た目も気になるものです。ですが、入れ歯となると抵抗を持つ方もおられます。実際に入れ歯を使われている方でも、口の中の異物感、不自由さ、痛み、わずらわしさ、などさまざまなストレスを感じている方も多くおられます。また入れ歯になったという精神的な負担やコンプレックスもあります。しかし、インプラントは普段の生活には一切支障がありませんし、見た目も気になりませんので、そういったストレスから開放されます。これがインプラントの最大のメリットと言えるかもしれません。

   
インインプラントのメリット
imgif
インプラント  
当医院には日本口腔インプラント学会専門医が在籍しています。
日本口腔インプラント学会とは会員が約10,000人以上から成る日本最大の学会です。その中で専門医は全国で約500名、東京都で約100名しかいない価値ある専門医です。その理由は取得に学会歴が5年必要であり、簡単に取得出来なくなっているからです。その間に専門医に必要な知識、技術を取得し、また学会の専門医取得のいくつかの条件をクリアして始めて専門医の試験が受けられます。そして試験もケースプレゼンテーションの試験、筆記、面接の試験と分かれ、簡単には取得出来なくなっています。他のメーカーの認定医、外国の認定医に比べると時間、努力が必要とされます。
当院の院長 今西恒夫は、大阪でもまだ数少ない日本口腔インプラント学会の専門医を取得いたしております。これは高水準の技術と知識・経験の証でしょう。
また当医院は、患者様の予算、要望に応じて最良の治療を行っております。使用しているインプラントも世界的に行われているインプラントです。残念ながら歯を失ってしまった方、入れ歯でお悩みの方は当院にお任せください

米国インプラント学会 認定医・指導医(AAID)
インプラント
インプラント学会には、AO(Academy of Osseointegration)と、AAID(American Academy of Implant Dentistry)があります。AAIDは、世界に門戸を開かれており、世界中のインプラント治療に携わる臨床家を中心とした、アメリカで一番大きなインプラント学会です。米国インプラント学会はインプラント歯科学に関する全てを偏り無く学べる学会です。300時間もの講義、実習、外科手術、臨床経験などをオンラインで学ぶことや、実際に経験することができます。インプラント歯科学を学びたい歯科医師にとって、米国インプラント学会以上のものはありません。
インプラントの分野において、国の基準を満たす教育を受け、実務経験のある者がなれます。
当医院の院長 今西恒夫は2010年、この学会の難しい試験に見事合格し、Fellow(指導医)の称号を得られました。この称号を持つ者は日本でも数名しかいない難関の資格です。よって当医院では国内だけでなく、世界にも通用するインプラント治療を行っています。
インプラント  

無料メール相談

※診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、大阪市、東大阪市、八尾市、柏原市、大東市、生駒市、奈良市以外の方のご相談はご遠慮下さい
※は必須項目になりますので必ずご入力してください。 英数字はすべて半角でご入力ください。
im
line
imgspacergif123
gspacergif123 お名前 ※
ispacergif123 (全角)
linem
impacergif123 性別 ※
imgacergif123  
linem
imgscergif123 年齢 ※
imgspergif123
linem
imgspargif123 メールアドレス ※
imgspacgif123 (半角)
imgspargif123 メールアドレス
(確認) ※
imgspacgif123 (半角)
linem
imgspaceif123 ご相談内容 ※
imgspacerf123
imgspacerg123
imgspacergi23
imgspacergif3 HP公開 ※
imgspacergif123  
※ホームページ上にご相談内容を公開しても良い方は、OKを選択して下さい。
mgspacergif123
line
  
PAGE TOP
イメージ
| アクセス・診療時間 | 医院理念 | 診療方針 | 医院紹介 | 院長・スタッフ紹介 | 診療案内 |
| Chew Chew Club | 無料メール相談 | 患者様の声 | ご予約 | 求人情報 | お知らせ | サイトマップ |
大阪府 歯科大阪府 矯正歯科大阪府 外科矯正
ライン
「今西歯科医院」(矯正歯科・インプラント・衛生士求人) 大阪府東大阪市菱屋西1-18-15 TEL:06-6723-4182
sp
大阪府(東大阪市の歯医者)・歯科医院:今西歯科医院には、
東大阪市、大阪市、八尾市、大東市、生駒市、奈良市から患者様がいらっしゃっています。
produced by eje
ライン
s
Copyright (c) 2006 imanishi Dental Clinic All Rights Reserved. 東大阪市 イマニシ デンタル クリニック